2009年07月01日

定点観測:日銀短観(09.7月)

09.07.01に、09.6月の日銀短観(日銀の企業短期経済観測調査)が発表されました。

この調査は、中原圭介氏著の「サブプライム後の新資産運用」によると、

日銀が全国約1万社の民間企業を対象に、景況感や設備投資動向などを把握するため3ヶ月ごとに実施するアンケート調査のことです。
業況や雇用状況などについて、「良い・さほど良くない・悪い」などの選択肢から、企業が回答した結果を指数化しています。(略)
対象企業数が多く、調査票の送付から公表まで約1ヶ月と短いため、直近の景気を正確に反映する統計として注目されています。
3月・6月・9月・12月に調査を実施し、翌月の4月・7月・10月の初旬と12月の中旬に公表するので、速報性が高く、景気の先行指標として見ることができます。
調査項目の中で最も重視されるのが、大企業製造業の「業況判断指数」(略してDIと呼ばれることが多い)です。
景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた数値で、株価との連動性が強いので要注目です。


と記載されております。
中原圭介氏は、景気予測をするには速報性の高い指標を重要視されています。

さて、注目の大企業製造業の「業況判断指数」(DI)は、

2009/3月  2009/6月 変化幅
   -58      -48      +10

となっており、1974年5月の統計開始以来、過去最悪だった前回よりは改善しましたね。
下げ止まった感はありますが、上向くにはやはりアメリカの経済が復活が必要なのでしょう。


サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

  • 作者: 中原 圭介
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2008/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by input-output at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ニッセイ−日経225インデックスファンド SBI証券で取り扱い開始

ニッセイ−日経225インデックスファンド
申込手数料    なし
信託報酬     0.2625%(税込)
信託財産留保額  なし

日本の投資信託も信託報酬が日経平均連動型とはいえ、かなり下がってきましたね。
個人投資家にとってはいい傾向です。
外国株式や債券の投信ももっと下がってほしいですね。

これまで評判のいい住信のSTAMシリーズは、どう対抗していくのでしょうか?
楽しみです。

住信−STAM TOPIXインデックス・オープン
申込手数料    なし
信託報酬     0.483%(税込)
信託財産留保額  0.05%
posted by input-output at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

定点観測:非農業部門雇用者数の前月比増減数(2009.5月)

米の重要経済指標「非農業部門雇用者数の前月比増減数」の2009.5月分が発表されました。

5月の米雇用統計34万人減、失業率は 9.4%に悪化
 米労働省が5日発表した5月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気動向を反映する非農業部門の雇用者数は前月から 34万5000人減少した。建設業のほか小売り・輸送などサービス部門で減少幅が縮小し、雇用減のペースは鈍化した。一方、失業率(軍人を除く)は前月より0.5ポイント高い9.4%となり、1983年8月(9.5%)以来、25年9カ月ぶりの水準に悪化した。
 雇用者数の減少は17カ月連続。2007年12月以降の今回の景気後退局面での雇用者数の減少は合計で約600万人に達した。今年4月の減少幅は当初発表の53万9000人から50万4000人に修正された。
(ブログ「日本の経済指標とアメリカの経済指標」より)


‌非農業部門雇用者数(最新 0905).gif

今月分は減少幅が大幅に縮小しましたね。
前月4月の上方修正もあるなど、川下指標も改善に向かっているので、これは底を打った感じですね。
投資再開です。



posted by input-output at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

定点観測:ISM製造業景気指数(2009.5月)

2009年6月1日に、2009年5月のISM製造業景気指数(Institute for Supply Management)が発表されました。

主要経済指標の中では最も早く発表(毎月第一営業日)されること、企業の景況感を反映し景気転換の先行指標とされることから、注目度は極めて高い経済指標です。

日本の経済指標とアメリカの経済指標
5月のISM製造業景況感指数は2.7ポイント上昇し42.8に
米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した5月のISM製造業景況感指数は、前月(40.1)から2.7ポイント上昇し、42.8となった。同指数が前月比で上昇するのは5カ月連続。個別の指数では、「生産」や「新規受注」、「価格」が上昇した。一方、「雇用」が前月の34.4から34.3に若干悪化した。
(ブログ「日本の経済指標とアメリカの経済指標」さんより引用)


ISM製造業景況指数 (最新 0905).gif

私は現在、中原圭介さんの経済指標の見方(アメリカのISM製造業景況指数、非農業部門雇用者数変化、日銀短観、の3つの指標を重要視する)がもっとも適切と思っています。
その中でも、アメリカのGDPの7割を占めると言われている個人消費に影響を見ることができると思われる非農業部門雇用者数変化がもっとも重要だと思っていましたが、勝間さんの下記の記事を読んで少し変わりました(というか進化したというべきでしょうか)。

勝間和代さんの日経IT記事「循環論だけでは語れない日本の景気回復
に書かれていてなるほどと思いました。

(以下一部抜粋)
景気の底入れを判断するには、まず川上の景気循環サイクルをみるべきだろう。具体的には、以下の3つに注目すべきである。
・資源価格 (WTI、NY金、シカゴ小麦など)
・在庫水準(ISM指数、鉱工業指数、日銀短観など)
・運輸価格 (バルチック海運指数など)
(略)
一方、私たちが景気回復を実感するには、個人消費や雇用環境の回復が必要だが、人員整理で人を解雇したりするのは最終段階であり、もっとも川下の指標の1つである。失業率は典型的な遅行指数で、個人消費への影響も最も遅いものの1つなのである。


たしかに川上の指数が重要ですね。
ISM製造業景況指数は、5ヶ月連続の増加となっていますし、底入れでしょうか?
株価も上昇していますしね。
GMが破綻しましたが、6月の指数にはどう影響が出るのでしょうか?
posted by input-output at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

「HEALTH HACKS!」著者の川田浩志さんからコメントをいただく&著者のブログで書評をご紹介いただきました!!!

先日のブログで、「HEALTH HACKS!」について書いたら、著者の川田浩志さんからコメントをいただき、著者のブログで書評をご紹介いただきました。

(以下、川田さんのコメント)
「HEALTH HACKS!」著者の川田浩志です。このたびは拙著のご紹介をまことにありがとうございました。のちほど、私のブログからリンクをはらせていただきたいと存じますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
Posted by 川田浩志 at 2009年05月17日 23:04

熱いご書評に感謝します!(川田さんのブログ・Dr川田浩志のアンチエイジングワールド・リポート

書評を著者の方からコメントいただくのは、「思考のボトルネックを解除しよう!」の石川和幸さん以来2回目ですが、やはりとてもうれしいものですね。

著者の石川和幸さんからコメントをいただきました!!

現在、全粒粉も無事手にし、自分なりのパンを試行錯誤中です。
近々コスト計算も含め公開したいと思います。
川田さん、本当にありがとうございました。


HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

  • 作者: 川田 浩志
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by input-output at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

定点観測:非農業部門雇用者数の前月比増減数(2009.4月)

米の重要経済指標「非農業部門雇用者数の前月比増減数」の2009.4月分が発表されました。

米雇用統計にとても参考になる素敵なサイト「米雇用統計」

4月の米失業率、8.9%に悪化 雇用は53万9000人減
 【ワシントン=米山雄介】米労働省が8日発表した4月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率(軍人を除く)は前月より0.4ポイント高い 8.9%となり、1983年9月以来、25年7カ月ぶりの水準に悪化した。景気動向を反映する非農業部門の雇用者数は前月から53万9000人減少。政府部門の雇用増を背景に減少ペースはやや緩やかになった。
 雇用者数の減少は16カ月連続。昨年1月からの合計で約570万人に達した。今年3月の減少幅も当初発表の66万3000人から69万9000人に修正された。
 雇用者数の減少ペースが4月にやや緩やかになったのは、政府部門が前月の6000人減から7万2000人増に転じたためだ。労働省は2010年の統計調査に備え、政府が一時雇用を増やしたのが主因と説明している。
(NIKKEI NET記事より)


‌非農業部門雇用者数(最新 0904).gif

下げ止まったようにも見えますが、統計調査のための政府雇用の増加という要因が8万人近く押し上げているようですからまだ厳しいようですね。
アメリカは個人消費の割合が7割あるようですから。




posted by input-output at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

これからの日本の経済をよくする方法

これからの日本の経済をよくするためには、やはり少子化対策をして子どもを増やすことにより人口を増やすことです。

子どもが増えると消費が増えます。
現在の私はそれを実感しています。

私の場合、2人目の子どもが生まれてから貯金がほとんどできなくなってきました。
金融リテラシーが低かった頃に購入してしまった住宅ローンの返済がかなり負担となっているのですが、それにしても妻が子育てのため働けない今、一馬力ではかなり厳しい状況です。

まず、子どもが産まれる前には、医療費や準備にいろいろなものを買い揃えます。
子どもができると、おむつ代やミルク代が定期的に増えます。
ミルク代は母乳のみで賄える方もいますが、ほとんどの人が購入すると思います。
これらは、基本的に値下がりがほとんどなく、下がってもわずかです。

また、衣料費もかかります。
基本的にどんどん大きくなるのですぐに着れなくなります。
そして、それを収納するたんすや透明ボックスなどが必要になります。

そして、ベビーカーやおもちゃも買うことになります。
お宮参りや七五三などでイベント代が必要になります。
車もミニバンやワンボックス系になり、チャイルドシートも必要です。

少し大きくなってくると、保育料や食費が必要になってきます。
さらに大きくなると、教育費が必要になってくるのでしょう。

少子化となった今は、上記のことを省くということをなかなかしづらくなっているような気がします。
祖父母による支援などもあると思いますが。

こういった支出に対し、収入面としては、児童手当、税控除、医療費が未就学児は無料、会社によっては扶養手当といったところが出てきますが、残念ながら現在の日本の制度では支出面が収入面を大きく上回る状況です。

現在の日本の人口構造は逆ピラミッド型ですから、どうしても高齢者のほうが数的有利になっており、選挙権の多い高齢者優遇の施策になりがちです。

しかし、子どもは国の宝です。
これからの日本を支える現役世代を助けず、搾取する形は早く改める必要があると思います。

若者のみなさん、一緒にがんばりましょう!



posted by input-output at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

豚インフルエンザのニュースばかり

豚インフルエンザのニュースがGW前あたりからはじまってから、今現在でも最初のニュースはこればかりですね。
ほかにネタはないのでしょうか?
というか、それほど優先順位が高い出来事でしょうか?

たしかにウイルス感染というのはどんどん増殖しますから危険です。
その辺の恐ろしさは、「24(TWENTY FOUR)」や「ブラッディマンデー」とかでも表現されてますね。

しかし、メディアが必要以上に煽っているだけに見えるのは私だけでしょうか?
本日の海外旅行から帰国した方のインタビューで、こんなに大騒ぎしているのは日本だけだと言っていました。
そのとおりなのではないのでしょうか?
発信元のメキシコでははたしてどうなのでしょう?

私は、SARSが話題になった数年前、公立病院で働いていて、模擬患者役として変なカプセルに入れられ、低圧の感染病棟に2,3時間閉じ込められました(笑)
しかし、結局日本でSARS患者は出ず、この種のニュースにはどうもうさんくささを感じております。

失点続きの厚生労働省が官僚お得意の情報操作で影響力を回復しようとしていて、そして、大臣としては残念ながら力不足感ありありの舛添大臣もここぞとばかりに目立とうと思って乗っかった(横浜市を調子に乗って叩いたら、中田横浜市長に舛添大臣のフライングだったことを反論されちゃいましたが)、さらに、大衆受けしやすいネタにマスコミが乗っかっている、なんていう真相でないことを祈ります。



posted by input-output at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮説と実行と検証

どうも最近、思考停止状態に入っていることが多いような気がします。

やはりこれまでの正解か不正解の二者択一的な学校教育の弊害による部分が大きいのではないかと思います。

かくいう私もそのうちの一人です。

しかし、このままではいけないと思い、自ら考え、仮説と実行と検証をおこなっていきたいと思います。

最初から大きなテーマに取り組むことはできないと思いますが、小さなことからコツコツとやってみたいと思います。

何事も「千里の道も一歩から」です。
そうすることで、きっと「何か」が見えてくるような気がします。
posted by input-output at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 目標、現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

定点観測:ISM製造業景気指数(2009.4月)

2009年5月1日に、2009年4月のISM製造業景気指数(Institute for Supply Management)が発表されました。

主要経済指標の中では最も早く発表(毎月第一営業日)されること、企業の景況感を反映し景気転換の先行指標とされることから、注目度は極めて高い経済指標です。

4月米ISM製造業景気指数、4カ月連続で改善
[ニューヨーク 1日 ロイター] 米供給管理協会(ISM)が1日発表した4月の製造業部門指数は40.1と、前月の36.3から悪化ペースが鈍化した。
 景気を見極めるうえでの分岐点となる50を依然下回っているものの、製造業および経済全般の一部安定化を示す格好となった。
 ロイターがまとめたエコノミスト予想の中央値は38.0。同指数は15カ月連続で50を割り込んでいるが、4カ月連続で改善している。
(ロイター記事より)


ISM製造業景況指数 (最新 0904).gif

4ヶ月連続の改善です。
かなり回復傾向ですね。
これでアメリカの4月非農業部門雇用者数変化が改善され、住宅価格が下げ止まれば、アメリカは景気回復でしょうか。


posted by input-output at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。