2009年09月13日

バンダイの作戦にまんまとはまっている・・・

現在、保育園に通う娘がアニメ「フレッシュプリキュア」に夢中です。
DVDを借りてあげたら、毎日何回も見て、最初や最後の歌を聴いて一緒に踊ったりしています。

そんなわけで、現在私自身も出掛けてフレッシュプリキュアのグッズを持っている子どもたちを見かけると反応してしまう(一種のカラーバス効果ですね)のですが、街で偶然妻の友達に会い、その娘さんがフレッシュプリキュアがプリントされた透明なバッグを持っていました。

私がそのことについて触れたところ、もう3年連続で買っているとのことでした。
プリキュアは毎年キャラをチェンジするため、毎年買い換えることになるそうです。

そういえば、以前私の姉も仮面ライダーや戦隊モノのおもちゃを買っても毎年新しくなってしまうと嘆いていました。

これはバンダイによる戦略であることに気づいたのですが、子どもが欲しがり、それを与えることによって喜び、言うことを聞くようになるとついつい買っちゃうんですよね。

私の妻も妻のその友達も、キャラクターモノの服とかは嫌いなのですが、子どもには勝てないようです。

私も作戦とわかっていながらまんまとはまるのが少し悔しいのですが、残念ながら高いおもちゃを買ってあげてしまいそうです。
ささやかな抵抗として、定価で買わずネットで安く買おうと思います。
posted by input-output at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

情熱大陸(菅山かおる プロビーチバレーボール選手)を見て

09.07.05放送の情熱大陸は、かおる姫こと菅山かおるさんでした。

バレーボール日本代表も経験し、アタッカーもリベロもできるプレーヤーなので、ビーチバレー転向後もそこそこ戦えるのかと思いましたが、やはりそこはプロスポーツ、苦労していますね。

特に、最初の試合であれだけレシーブのうまかった選手がサーブを集中されて2/3を取れなかったこと、そして、強いスパイクが打てないこと。

しかし、そこでくじけることなく、ひたむきに練習して修正していく姿を見て、失敗しても折れない心ですぐに行動して修正する、という流れは何事にも通じると思いました。

私も見習わねばなりません。
今後のご活躍を期待します。
posted by input-output at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

豚インフルエンザのニュースばかり

豚インフルエンザのニュースがGW前あたりからはじまってから、今現在でも最初のニュースはこればかりですね。
ほかにネタはないのでしょうか?
というか、それほど優先順位が高い出来事でしょうか?

たしかにウイルス感染というのはどんどん増殖しますから危険です。
その辺の恐ろしさは、「24(TWENTY FOUR)」や「ブラッディマンデー」とかでも表現されてますね。

しかし、メディアが必要以上に煽っているだけに見えるのは私だけでしょうか?
本日の海外旅行から帰国した方のインタビューで、こんなに大騒ぎしているのは日本だけだと言っていました。
そのとおりなのではないのでしょうか?
発信元のメキシコでははたしてどうなのでしょう?

私は、SARSが話題になった数年前、公立病院で働いていて、模擬患者役として変なカプセルに入れられ、低圧の感染病棟に2,3時間閉じ込められました(笑)
しかし、結局日本でSARS患者は出ず、この種のニュースにはどうもうさんくささを感じております。

失点続きの厚生労働省が官僚お得意の情報操作で影響力を回復しようとしていて、そして、大臣としては残念ながら力不足感ありありの舛添大臣もここぞとばかりに目立とうと思って乗っかった(横浜市を調子に乗って叩いたら、中田横浜市長に舛添大臣のフライングだったことを反論されちゃいましたが)、さらに、大衆受けしやすいネタにマスコミが乗っかっている、なんていう真相でないことを祈ります。



posted by input-output at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ひさびさにホリエモンを見ました

先日の「たかじんのそこまで言って委員会」にホリエモンこと堀江貴文氏が出演されていました。

今ではすっかり犯罪者という扱いになってしまってますが、私の個人的見解では、先日書いた高橋洋一氏と少し似ていて、やはりホリエモンも国策逮捕でひとつの「見せしめ」になっちゃったんだと思います。

また、彼の逮捕によるライブドアショックから新興市場は崩れてしまったという認識です。
そして、そこから日本経済の倒壊ははじまったような気がします。
東証市場はしばらく輝きましたが。

彼の全てに対して賛同するわけではありませんが、このシルバー資本主義とも言うべき日本という国において、若者に夢を与える彼のような存在は必要だったような気がします。

まあ、私は彼と同世代なのでそういう目で見てしまうのかもしれませんが。

番組では何が虎の尾を踏んでしまったのかも議論されていましたが、フジテレビを中心とするマスコミ、金融庁を中心とする官僚、既得権益を得ている政治家やオールドエコノミーのいずれかまたはいずれもでしょう。

当時の小泉人気もかなりあったと思いますが、それでも止められなかったことに地検特捜部の決意が垣間見えます。

彼本人が見つけたのかどうかはわかりませんが、株式分割による抜け穴やニッポン放送買収によるフジテレビの買収などは、株式市場で通常使用されている「裁定取引」であって、市場の歪みを発見して利益を上げることに関しては特に違法性はないような気がします。

「先んじるものが勝ち」というのは現在のビジネスの常識になっていますし。
そういう先を見る目っていうのは重要だと思うんですよね。

なんだかまとまりのない文章になりましたが、賛否両論で話題のホリエモンの著書をちょうどタイミングよくネットで注文していて、本日届いたばかりでした。

早速読んでみようと思います。





posted by input-output at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本優勝!

皆さんきっとこのネタが多いとは思いますが、やはりこのネタは外せませんね。

日本代表選手の皆さん、おめでとうございます。

やはり最後に決めたのはイチロー選手でしたね。
スターですね。
試合後の記者会見でおっしゃってましたが、あのイチロー選手であってもやはりすごい重圧がかかったようですね。
試合中はクールな侍ですが、最後のシャンパンファイトのはしゃぎぶりを見て彼へのプレッシャーの大きさが逆に伝わってきました。

さて、今日の試合を個人的なポイントを挙げたいと思います。

まず、イチロー選手の10回延長の決勝打ももちろん印象的でしたが、7回の片岡を2塁においてのセーフティバントが印象に残りました。
あの場面でこの選択肢があり実行できるというところが、すごいと感じました。
つまり、頭の中にフレームワークがあり、そしてそれをあの場面で実践する技能があるということだと個人的には解釈しました。
常に考え、またきっちりと練習しているからこそできる賜物だと思います。

次に、結局7回の攻撃は、その後中島選手(西武)のヒットにより勝ち越し点につながったのですが、そのきっかけは、6回裏の内川選手(横浜)の好プレーだったと思います。
岩隈投手(楽天)が同点ソロホームランを打たれて、その後、長打系の当たりをされましたが、すばらしい返球で2塁でアウトにしました。
そのプレーで韓国に行きかけた流れをまた日本に戻して7回の勝ち越し点につながったと思います。

最後に、MVPは岩隈投手だと思います。
負ければ敗退となる第2ラウンドのキューバ戦、そして、決勝戦の好投は、松坂投手を上回る内容だったと思うのですが。
松坂投手も会見で、岩隈投手がMVPだと思っていたとおっしゃっていました。
先日の記事でも書きましたが、北京五輪落選で悔しい思いをした選手二人は活躍しましたね。
小笠原選手は、決勝戦で先取点となるタイムリーヒットを打ちましたし。

とにかく選手の皆さん、おつかれさまでした。
これからシーズンが始まりゆっくり休むこともできないと思いますが今日はゆっくり休んでください。


posted by input-output at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

巣ごもり消費

2009.02.12のWBSで「巣ごもり消費」について放送していました。
「外出せずに家にこもる節約型の消費スタイル」を表現しているようです。

続きを読む
posted by input-output at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

カンブリア宮殿(2008.5.26 & 6.2放送)ゲスト:永守重信さん

5月26日、6月2日放送のカンブリア宮殿を観ました。

5月26日放送
6月2日放送

ゲストは、日本電産 代表取締役社長(CEO)永守重信さんでした。

第100回記念ということもあってか、2回に分けての放送でした。

日本電産は、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、
世界のモーターのシェアが70%を超える、京都の大企業です。

ほとんどの家電製品や、たしかニンテンドーDS、iPodにも採用されています。

それにしても、カリスマ社長というのはまさしくこの人のことを言うのでしょうね。
365日働いて休みは正月の午前中だけだそうです。
すごいパワーです。

たくさん学ぶことがありましたが、メモを取ったのは下記のとおり。

○会議は、要点を整理して3分以内。
 会議資料は、A4サイズ1枚。
 発表は1人3人以内。

○3Q6S(整理、整頓、清潔、清掃、作法、しつけ)

○社員のコスト意識をアップさせるために、1円から全員に稟議書を書かせる。

○まじめに働けば報われる。

○営業利益10%を達成すると、ボーナス5か月分支給。

○会社の採用試験に学歴関係なし。大学の成績は信用ならん。

○リストラはしない。
 やる気のない従業員の要因は、8割経営者に責任。やめるべきは経営者。

また、話を聞いて、永守さんはM&Aのプロ中のプロですが、それでも日本でのM&Aは難しいことがわかりました。

以前、永守さんの本を読んでいたのですが、途中でやめてしまってました。
再度読み直したいと思いました。


posted by input-output at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

中国企業が東証一部上場する理由

2008.5.23放送ののWBSから。

2008年5月現在で東証一部に上場する外国企業は25社だそうです。
バブル期には100社を超えていたそうですから、その激減振りは数字に如実に表れています。

まあ、官による市場規制の多い日本と、それを代表するような現在の金融庁では当然なことと思います。

しかし、欧米企業は撤退しているようですが、中国企業はそうではないようです。

中国企業が東証一部上場する理由は、日本企業との技術提携が狙いだそうです。

資金調達だけなら香港でも上海でもシンガポールでもできる。
真の狙いは、「資金調達」ではなく、「ブランド獲得」だそうです。

日本の製造業は、やはり魅力的というか高い技術を持っている証拠ですね。

posted by input-output at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンブリア宮殿(2008.5.19放送)ゲスト:長谷川浩一さん

カンブリア宮殿(2008.5.19放送)を見ました。

ゲストは、長谷川酒店の長谷川浩一社長でした。

衰退産業の中でも売上げを伸ばす、いわば「衰退産業の中の勝ち組」はやはり存在しますね。

小さなところでは、価格競争では大手に勝てないので、他にはマネのできない高品質なものを取り扱うのが成功要因の1つになると思います。
このことは、頭ではわかっていても、実際失敗してみて学ぶことが多いようですが。

あと、長谷川社長を中心に、全国で似た考えをもつ同業種のグループをつくり、製造手法をオープンにする一種の「コミュニティ」のようなものをつくっているようでした。

やはり、勝間さんもおっしゃっているように、人脈を広げる上でコミュニティをつくるのは大変有効なようです。

それにしても、スタジオで飲んでいた表参道ヒルズの店でバカ売れしているという「磯自慢」(磯美人?)は、シャンパンのような日本酒だそうで、日本酒は学生時代悪酔いしてからというもの得手が悪い私にもとてもおいしそうに見えました。
一度飲んでみたいですね。

posted by input-output at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

酪農家の苦悩

先日のWBSで、日本の農業について特集をしていました。

現在はバター不足で、私は週末に郊外型ショッピングセンターへ買い物に行きますが、いついってもバターは売っていません。

ただ、5月から農水省がバターの増産を各メーカーに要請し、各メーカーも了承したとニュースで見ていたので5月に入れば解決すると思っていました。

しかし、その特集のある酪農家の話を聞いていると、そう簡単なものではないということがわかりました。

2年前には、牛乳が大量に余り廃棄するということになったため、農水省からは減産要求があったようです。
私も当時のニュースで牛乳が廃棄されるイメージ映像を覚えています。
そのときに、その酪農家も牛を数頭処分したとのことです。

ところが、その2年後には増産要求。
牛は、すぐに育つわけではなく、また、酪農家は2年先を見て、乳牛にするか食肉用の牛にするかを判断するなどの行動をとるそうです。

今、我々はスーパーにいけば食材がすぐに手に入ると思っていますが、そう単純なものではなく、その背景には関係者の大変な苦労が潜んでいることを認識しながら購入しないといけないと思いました。

posted by input-output at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

情熱大陸(勝間和代さん)を見て

昨日2008.5.11(日)の情熱大陸を見ました。

初の動いている勝間さんを見るということで楽しみにしていました。

感想としては、
@やはり「フレームワーク力」(詳しくは「効率が10倍アップする 新・知的生産術」をお読みください)のある方だなということ
と、意外だったのが
A一日のスケジュールに、子どもさんとの時間と入浴の時間に思ったより時間を使っていること
Bオフィスへの装飾品など必要以外のコストは、顧客への料金に跳ね返ってしまうので、一切かけていないという徹底振り

でした。

あと、やはりフォトリーディングによる読書のスピードはすごかったですね。

自分への自己啓発の一助になりました。


posted by input-output at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

情熱大陸・勝間和代さん

2008.5.11(日)の情熱大陸で勝間和代さんが放送されます。

勝間さんのブログによると、4ヶ月の取材をおこなったとのことです。
30分の放送に4ヶ月かけるのですから、製作会社はすごい情熱ですよね。

いわゆる勝間本は、3冊読んでいて現在も1冊購読中ですが、映像で動いている勝間さんを見たことはないので、放送を楽しみにします。




posted by input-output at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

ガソリン税(3)

ひさびさのガソリン税ネタです。

本日(2008.4.30)衆議院での再可決により、5月からガソリン税の暫定税率がまた上乗せされるようです。

ニュースでは、和歌山県で道路族とよばれる二階俊博自民総務会長や知事が、和歌山県にはまだ道路が必要と訴えて、たくさんの人を引き連れて行進している姿が何度も放送されてました。

たくさんの人の中には、県や各市町村の職員も多く動員させられていたようです。

木村前知事の汚職による退職の後、地元の大物代議士である二階元経済産業大臣が、経済産業省OBである仁坂吉伸氏を支援して知事に当選させたのですから、二階代議士からの要請があれば仁坂知事もその要請に答えないわけにはいきません。
ましてや、各市町村長もしかりです。

それはさておき、私はこの映像を見て、道路財源で恩恵を受けている人たちによる旧態依然の既得権益を守りたいがための運動に見え、全く今の時代にそぐわない違和感のようなものを覚えました。

その行進を冷めた目で見ているガソリンスタンド店主の表情がとても印象的でした。

なお、話は変わりますが、どこかの元弁護士の知事さんは、とりあえず暫定税率が上がって喜ぶコメントを出していたようですが、現在は暫定予算で運営しているのでどちらでもよかったのかもしれませんね。
偶然の可能性が高いとはいえ、なかなか先見の明があるかもしれません。

それにしてもガソリンスタンドにあんなすごい行列に並んでまで給油する人達は、経済学の「取引コスト」の観点で考えたら、そこまでのメリットがあるのでしょうか?

仮に30円アップでレギュラーガソリン30リットル入れたとしたら、900円のお得ですよね。

900円とあのすごい行列に並ぶ時間を考えたら微妙な気が・・・
posted by input-output at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

WBS(2008.4.22)で、「自然エネルギー普及の課題」を見て

昨日のWBS(2008.4.22)で、「自然エネルギー普及の課題」を見ました。

日本では、風力発電や太陽光発電などのクリーンエネルギーの普及が進んでいない、という内容でした。

目に付いたのは、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長のいきのいい発言でした。

「日本の風力発電のマーケットは世界で無視されている。世界で流通しない基準を作ったため、グローバルメーカーから相手にされない」

「日本だけローカルルールでやろうとするから、グローバルに勝負ができない。ゆがんだ形で風力発電の市場を異常に小さい数字で押し込めている」

「日本だけが世界から孤立。古い政策で明らかに失敗。政策を見直すとき」

携帯電話市場でもそうですが、これからはやはり「THINK GLOBALY」が重要で、縦割行政による規制は最低限にとどめる必要があるということでしょうか。

ふと思ったのですが、風力発電機の表面に太陽光パネルを張り付けてら発電エネルギー量は増えませんかね。
きっと余計に非効率ですよね・・・。
posted by input-output at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

ハモネプを見て

昨日放送のハモネプを見ました。

皆さん、素人さんなのにすごく上手ですね。

私が選ぶ今回の優勝は・・・

続きを読む
posted by input-output at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

ガソリン税(2)

先日に引き続き、ガソリン税ネタです。

先日の記事で、

「私の住む地域は、談合にまちがいないと思うほど見事なまでの横並び価格表示をしていますが、一部の非組合の独立系ガソスタが10円以上安い価格で売っていますので、そのガソスタは行列待ち状態になっています。」

と書きましたが、地元紙によると、どうやら組合加入業者は値段据え置き、非組合業者は大幅値下げをしたようです。
そして、当然明暗が分かれ、据え置きした業者は閑古鳥が泣き、値下げをした業者は早朝からさらなる行列ができていたようです。

経済学的にといいますか、中学校の社会の教科書にも載っていそうな気がしますが、競争原理の働いている市場においては、商品の価格が安ければ需要が増える、高ければ需要が減る、ということでしょうか。

さあ、組合加入業者は今日からどうするか?
これからもまた注視していきたいと思います。
posted by input-output at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ガソリン税

いよいよ4月1日ですね。
果たしてガソリン価格はどうなるのでしょうか?

私の住む地域では、ガソリンスタンドのなんとか組合が地元紙の広告にすぐに下げませんと書いておりました。

私の住む地域は、談合にまちがいないと思うほど見事なまでの横並び価格表示をしていますが、一部の非組合の独立系ガソスタが10円以上安い価格で売っていますので、そのガソスタは行列待ち状態になっています。

しかし、テレビを見てるとガソスタの事業者はみんな政治家に怒ってますね。
まあ、当事者としては怒るのは当然ですね。

1回下がったら二度と上げられないなんてテレビの評論家達は皆さんおっしゃっていますが、今後この問題の結論を見守っていきたいと思います。
posted by input-output at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

世界のスーパードクター・福島孝徳医師(脳神経外科医)

これが世界のスーパードクター8!
テレビ初潜入!天才名医の仰天テクニック完全公開!


いつ見ても福島医師のオペは本当にすごいですね。

私の妻も見ていて、
「もし私が脳の手術をするときは、福島先生を呼んでね」
と言われました(笑)

それにしても関心するのは、あの体力と集中力です。
65歳になっても、あれほど集中力を必要とするオペを一日何件もこなしてしまうところはほんと「すごい」の一言です。

最後のほうに福島医師自身がMRI検査を受けていましたが、30歳の脳みたいだと診断されていました。
脳神経外科医なので、きっと脳の使い方も上手なのでしょう。

福島医師にはただただ感服することばかりなのですが、この放送の中で私が一番感心したのは、どんなにハードなオペをこなした後でも、どんなに遅い時間でも、最後に反省や振り返りのノートをつけていたところです。
これを研修医の頃からかかしたことがないそうです。

天才と呼ばれていますが、そのための努力もものすごくされている人なんですね。

ほんと「すごい」です。
posted by input-output at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

メガフランチャイジー

H20.3.11のWBSでおもしろいニュースがありました。

確認までに、
○本部を運営する=「フランチャイザー」、本部に加盟する「フランチャイジー」

注目点
○「メガフランチャイジー」と呼ばれる企業=30店舗以上を展開するか、売上高20億円以上の企業を指すもので、現在およそ200社。
○1社で10店舗程度展開するのが2万社ある。(加盟店の)売上高を計算すると、フランチャイズビジネスの約50%。本部が強くて加盟店は弱いという従来の通念は変える必要がある」(黒川孝雄 社長/フランチャイズ研究所)

コメンテーターの御立尚志さんは、「メガフランチャイジーが研究開発部門をフラインチャイズ本部にアウトソーシングする選択をする考え方」というような表現をしておりました。
なるほど、さすがうまい表現です。

私は、フランチャイジーが異なる多くのフランチャイズ本部に加盟する方法を、リスクを分散するアセットアロケーションと同じだと思いました。
長期の視点に立つと、成功への道はまずリスク回避により「負けないこと」ですよね。
posted by input-output at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

金融資産1億円以上の資産家座談会

2008/01/14のWBSで、金融資産1億円以上の資産家4人の座談会が放送されていました。
印象に残ったのは次の3つ。
国内の金融機関は、@担当者のレベル(金融知識)がとても低い、Aメガバンクは決済専用に使用している(運用を任せる気にならない)、B知りたいのはどの株が上がるといった情報ではなく、投資や運用に対する考えかた。

資産を築くために、勝ち組の貴重なご意見はぜひとも参考にしなければなりません。
posted by input-output at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | input-outputメモ(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。