2010年04月03日

定点観測:非農業部門雇用者数の前月比増減数(2010.3月)

米の重要経済指標「非農業部門雇用者数の前月比増減数」の2010.3月分が発表されました。

3月米雇用統計16万2000人増、3年ぶり大幅増 失業率は横ばい
3月米雇用統計 米労働省が2日発表した3月の米雇用統計によると、非農業部門の雇用者数(季節調整済み)は前月比で16万2000人増え、2カ月ぶりのプラスとなった。増加幅は2007年3月以来3年ぶりの大きさ。米景気の緩やかな回復で新規失業者の発生に歯止めがかかってきたことに加え、米国勢調査のため連邦政府が4万8000人を一時的に雇用したことが背景だ。失業率は9.7%で、3カ月連続で同じ水準となった。
3月米雇用統計 業種別 3月の雇用者数の増加幅は市場予測の平均(約18万4000人増)を下回ったものの、ほぼ予想通りの大幅増。2月は米東部を中心とした大雪の影響で雇用者数が減少したとみられ、その反動も出た可能性がある。失業率9.7%は市場の予想通りだった。
 また、労働省は2月の雇用者数を前月比1万4000人減、1月を1万4000人増にそれぞれ上方修正した。1月分は当初発表ではマイナスだった。
(「日本の経済指標とアメリカの経済指標」さんより引用)


‌非農業部門雇用者数(最新 1003).gif

雇用者数は、驚きの増加数です。
国勢調査の一時的な増加も大きな要因のようですが。
やっと雇用も回復傾向になってきたようです。
posted by input-output at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。