2009年12月07日

内閣府調査 「子ども必要ない」4割 20〜30歳代は6割 に衝撃を受けました。

09.12.05に内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」が公表されました。

調査対象 (1)母集団 全国20歳以上の者
       (2)標本数  5,000人
       (3)抽出方法  層化2段無作為抽出法
調査時期 平成21年10月 1日〜10月18日
調査方法 調査員による個別面接聴取
回収結果 有効回収数(率) 3,240人(64.8%)

そのうちの1つ「結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はないか」
賛成 42.8%(賛成 or どちらかといえば賛成)
反対 52.9%(反対 or どちらかといえば反対)
わからない 4.3%

「賛成」は、2年前の前回調査に比べ6.0ポイント増で1992年の調査開始以来最高とのことです。
また、「反対」は、同6.5ポイント減とのこと。

また、年齢別では、
「賛成」 20歳代:63.0% 30歳代:59.0%
「反対」 20歳代:35.4% 30歳代:37.4%
となっており、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向があるようです。

20,30歳代の約6割が必ずしも子どもを持つ必要がないと考えているとは衝撃的です。

たしかに子どもを育てることは、自分の時間もなくなるし、思い通りにいかないし、お金もかかるし、大変ですが、それ以上に得られる喜びがたくさんあると思いますが・・・。

このままでは日本は沈んでいくしかないような気がします。
なんとか改善していきたいですね。
posted by input-output at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。