2009年12月06日

ラグビー早明戦 2009

本日2009.12.6(日)は、大学ラグビーの早明戦がありました。
毎年12月第1日曜に行われることになっている伝統の一戦です。

近年の明治大学ラグビー部は、とても弱体化しており、昨年は大学選手権出場も逃がすという自体でした。

しかし、今年は大学側もやっと重い腰を上げ、力強いキャプテンシーで明治大学を復活させたラグビーファンならほとんどの人が知っている吉田監督をフルタイム監督に就任させ、力を入れました。
が、ここ3戦は慶応、帝京、筑波に完敗しており、まだ道半ばという感じのようです。

下馬評から見ると昨年同様、早稲田の圧倒的有利ですが、昨年の試合の印象が強く残っているために、今年もなにかあるのでは、と思い視聴しました。

結果は16対14で早稲田の逆転勝ちでしたが、今年も昨年同様、最後の笛が鳴るまで気の抜けない好試合でした。

今年もなんで明治が、対抗戦で3勝3敗だったのか不思議でした。
やはり早明戦にはなにかあるのでしょう。

特に、前半のドライビングモールからのトライは往年の明治ラグビーを彷彿させるものであり、また、フォワードによるトライは、吉田監督のフォワードにも走らせるラグビーが浸透しているものでした。

ラインアウトもかなりの高確率で確保しており、前試合の失敗をうまく修正していたようです。

最後に差があったのは、早稲田の後半になってもバテない体力と主力が怪我で退場してもリザーブの選手がきっちり仕事をしていたことでしょうか。

両校の大学選手権に期待しましょう。
posted by input-output at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134894278

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。