2009年11月04日

定点観測:ISM製造業景気指数(2009.10月)

2009年11月2日に、2009年10月のISM製造業景気指数(Institute for Supply Management)が発表されました。

主要経済指標の中では最も早く発表(毎月第一営業日)されること、企業の景況感を反映し景気転換の先行指標とされることから、注目度は極めて高い経済指標です。

米サプライマネジメント協会(ISM)が2日発表した10月の製造業景況感指数は55.7となり、前月に比べ3.1ポイント上昇した。好不況の判断の分かれ目となる50を上回ったのは3カ月連続。市場予想平均(53程度)よりも改善し、2006年4月以来の高い水準まで回復した。
(ブログ「日本の経済指標とアメリカの経済指標」さんより引用)

ISM製造業景況指数 (最新 0910).gif

川上の指数であるISM製造業景況指数は、前月足踏みしましたが順調に上昇していますね。
しかし、雇用をはじめ、まだまだアメリカ経済は不透明なようですね。
posted by input-output at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。