2009年10月03日

定点観測:非農業部門雇用者数の前月比増減数(2009.9月)

米の重要経済指標「非農業部門雇用者数の前月比増減数」の2009.9月分が発表されました。

9月米雇用者数は‐26万人に悪化、失業率9.8%と26年ぶり高水準
[ワシントン 2日 ロイター] 米労働省が発表した9月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が26万3000人減少し、市場予想の18万人減よりも悪い内容となった。
 失業率は9.8%で市場予想と一致、1983年6月(10.1%)以来、約26年ぶりの水準に悪化した。
 雇用者数の減少は21カ月連続。市場では、労働市場の低迷が景気回復の足かせになる恐れもあるとの指摘が聞かれた。一方、今回は政府関連の雇用が大きく減少したことで統計が歪められた可能性もあり、雇用の減少ペース鈍化のすう勢が変わったわけではない、との声もある。
(「ロイター」さんより引用)


‌非農業部門雇用者数(最新 0909).gif

※今回からNYダウとの相関性を見るため、グラフにNYダウも表示しました。

雇用者数の減少がまた増えちゃいました。
この指標がプラスに転じないことには本格回復には遠いですね。
posted by input-output at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129437238

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。