2008年12月07日

ラグビー早明戦

本日2008.12.7(日)は、大学ラグビーの早明戦がありました。
毎年12月第1日曜に行われることになっている伝統の一戦です。

これまで多くの場合、早稲田と明治が2強の構図となっており、関東大学ラグビー対抗戦の最終戦となる早明戦で最終順位の決着が着くことになり大盛り上がりの一戦でした。

さらに、下馬評どおりにならず何が起こるかわからないという雰囲気のある伝統の一戦でした。
私が学生の頃、もう十数年以上も前の話ですが、国立競技場が満席になるため、早稲田か明治の学生であっても葉書を出して抽選の結果待ちになるというプレミアムチケットでした。
私の場合、毎年十数枚出してなんとか1枚当たるという感じでした。

それがここ数年、早稲田が圧倒的に強くなるという構図に変わってしまい、去年の試合は私も見なくなってしまいました。

そして、今年は明治がめちゃめちゃ弱く、また早稲田もここ数年の強さがなくなっていることもあって、チケットが相当余っているという報道も出されていました。

今日も途中で見るのをやめるのだろうな、と思いながらテレビを見ると、なんとひさびさに伝統の一戦にふさわしいめちゃくちゃいい試合でした。

早稲田のミスも目立ちましたが、序盤を除き終始明治がリードする展開で、終盤早稲田も底力を見せましたが明治が24−22で勝ちました。
しかも最後に早稲田のゴールキックがポールに当たって外れるという劇的な幕切れでした。

明治の選手がとても必死にプレーしており、試合終了10分前まで早稲田の早い展開のラグビーを封じ込めていました。
そして、久々の縦を突く「前へ前へ」の明治ラグビーを見ました。
特に、7番の山本選手はよかったですね。

それにしても、途中見ていてなんでこのチームが、対抗戦で2勝4敗だったのか不思議でした。
原因の1つとして、ルール改正によって、明治得意のドライビングモールが意図的に崩されてもよくなったことにすぐに対応できなかったのだと思います。

学生の伸びしろを考えると、大学選手権の明治ラグビーを見たかったような気がします。

観客数は、結局25,000人ほどだったようです(テレビで見ていても空席が目立ちました)が、見ていておもしろい試合でした。
来年の明治に期待しましょう。

それにしても、NHKさん。
22:20からのスポーツニュースで、伝統の早明戦を全く放送しないっていうのはどうなんでしょう?
ライブの放送はしたのですからハイライトで少しくらい放送しましょうよ。

posted by input-output at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110861574

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。